ダメ学生のダメじゃないかもしれない毎日

日々の楽しいことだったりいろんなことを記事にするよ!!

こんなテレビどうでしょう

 

なんだか最近テレビがあまり面白くない。いや、あくまでも個人的な感想なのだが。

 

あまりにも予定調和過ぎるような番組全体の流れ。視聴者に対してここで泣け!と言わんばかりのお涙頂戴構成。確かに何かに感動して涙を流すという事はとても美しい行為であり、心のリラックスにも欠かせない。でもどうだろう、なんだか今のテレビでは本物の感動がないような気がする。さっきも書いたが制作側が意図した、ここで泣け!という様な言うなれば感動スイッチにただ素直に反応して泣いてるようではいけないのだ。それではただの餌を前にしてよだれを垂らす犬となんら変わりない。

 

じゃあどんなテレビだったら僕は見たいのか。僕はライブ感を押し出した物がもっと増えてもいいと思う。何が起きるかわからないような。確かにテレビ番組である以上予定調和に越した事は無いんだけれどもそれを視聴者に感じさせない構成。いいじゃないか、肩肘張ったような番組ばかりでなくとも。愛は地球を救うかもしれないけれどもある程度の緩さ、いや、あえて「ゆるさ」と書こう。それだってきっと地球を救うよ。空港で来日した外国人と触れ合うのもいい、原付で日本横断するのだっていい。もっとゆるくたっていいんじゃないかなテレビって。