読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメ学生のダメじゃないかもしれない毎日

日々の楽しいことだったりいろんなことを記事にするよ!!

あの日見た実写化の作品を僕たちはまだ受け入れられない

 

こんばんは、非常に久しぶりな更新な気がします。なんだかのんびり過ごしてしまっていて書く気が起きませんでした。

 

先日とうとう実写版の「あの花」が放送されてしまった。僕も恐る恐る見ましたが…、まあこれはこれでというか、BGMの凄さを思い知ったというか、アニメを見た記憶があるからアニメの絵が重なって感動するというか、そもそもアニメで充分だったというか。

 

それにしても最近妙に実写化作品が多い気がします。デスノートど根性ガエルに。少女漫画でいえば人気な漫画は大抵が映画かドラマになっている気がします。正直に言うと、少女漫画の実写化はいいんです。あと料理漫画とか。幼馴染の幽霊が出てきたり、名前を書くだけで人を殺せるノートが出てきたりといった現実離れした事象が起きる漫画以外であれば実写化は大歓迎です。『孤独のグルメ』のドラマ版好きですし僕。

 

一番大事なところはそこであって3次元で実現できそうもないからこそ2次元で楽しもうとアニメや漫画にしているのにそれが人気が出たからと言ってよし、実写化だ!は本末転倒というか、そもそも負け戦みたいなもので。

 

それでも中には成功というか、世間的に叩かれなかった物もあり、映画版デスノートに、海外のものですがアベンジャーズシリーズとか。でもそれは稀なヒット、というか実写化ドラマとは違って莫大な予算と時間と人材をかけられるからであって、普遍的なものではないため実写化作品というのはアベレージヒッターではないと思うのです。

 

テレビ離れが叫ばれる昨今、確かにもともと多くの固定ファンがいる原作をドラマにしちゃえば視聴率ゲット間違いなしと考えるのは納得のいく道理ですがそれだけに頼ってしまっていてはヒットどころか空振り三振、バッターきりきり舞いな気がします。