読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメ学生のダメじゃないかもしれない毎日

日々の楽しいことだったりいろんなことを記事にするよ!!

E-Sportsは必ず大きな波になる。


「人のプレイしているゲームを横から見ていることほどつまらないことはない」

これは僕の好きな某ライトノベルのキャラクターの台詞です。これを読んだ当時の僕は「その通り、やっぱゲームは自分でプレイしてなんぼでしょ」と思っておりました。もう10年近く前のことです。‥自分で書いておいてなんですが時間の流れる速さにビビります。10年ってまじか。まぁ、それはさておき。当時はその通りだ!となったこの言葉ですが今はどうでしょうか。ゲームのタイトルで検索すればプレイ動画や実況動画が何万件とヒットする昨今。PS4に至っては本体のみで自分のゲームプレイ動画を世界へと発信することが出来るようになりました。

この事からも人のプレイしているゲームを見て楽しむことが当たり前になってきた事が分かると思います。当の僕なんかプレイ動画だけ見て満足してゲームを買わないなんて事もあります。この流れを作り出したのはやはりニコ生主、YouTuberと呼ばれる方々でしょう。なんせゲーム実況は日本発とすら言われています。

そしてこれを下地に今日本で少しずつ広まろうとしているのが「e-Sports」です。

聞いたことある方はいるでしょうか?ゲームも一種のスポーツであるとし、高額な賞金をかけた大会を開いたり、そこでの勝利を目的としてプロゲーマーを養成したり。今少しずつですが日本でもメジャーになりつつあります。

しかし日本でこれが広まるにはもう少し超えなければならない問題があります。それはゲームの地位の低さです。以前よりはだいぶマシになったと思いますが、自分の子供が俺はプロゲーマーになってゲームで飯食うんだ!だったり実況者になってゲームで飯食うんだ!なんて言ったら怒り出す親御さんがまだまだたくさんいるかと思います。

しかし、ゲームも、実況も愛する僕としてはそんな事で、このe-Sportsという日本のゲーム業界に大きな変革を起こすであろうビックウェーブを逃したくはないのです。必ずこれは大きなビジネスになるはずです。その為にはできるだけ速やかにゲームの地位を向上させ、少しでも多くの人々にe-Sportsの、ゲームの門戸を開かねばなりません。

ニコニコ、YouTubeのおかげで人のプレイを見る事に対する耐性は多くの日本人につきました。ぜひとも、ゲームを愛する人々にはこの波を支えていただきたいです。