ダメ学生のダメじゃないかもしれない毎日

日々の楽しいことだったりいろんなことを記事にするよ!!

今の僕には「念」より「燃」が大切。

HUNTER×HUNTER、連載再開しましたね。いやはや、待ちましたよ、だいぶ待ちました。前回の休載に入ったのがちょうど1年くらい前でしょうか。懐かしいですねもう。というか冨樫大先生の場合、救済の枕詞が「n回目の」になりそうですね、それくらい休載してるのにまだ連載させてもらえるのはやはりあの作品のクオリティの高さゆえでしょうか。初めて読んだのは多分小学校低学年の頃ですかね確か。多分家にあったコミックスを偶然手に取ったのが初めてです。そしてカイトが死ぬとかいうとんでもない展開になったのが小学4年生の夏前か秋ごろだったのではと思います。いや、すげぇ前だなおい。まじか。もうそんなに前か。まぁ確かにそんな前からある作品なのにコミックスの最新巻が34巻なんだからそりゃそうかって感じですね。

 

そんなHUNTER×HUNTER大好きな僕はいつの間にかゴンの年齢を追い越し立派な大人になってしまいました。いや立派かどうかは疑念の余地が残ります。まぁそれは置いておいて。そう思うと、何年経ってもまだ僕の心にずっと居続けるこの作品は偉大なのだなぁと改めて感慨深くなります。

 

今思えば小学生の頃にHUNTER×HUNTERのオマージュ作品のようなものを書いていたのが僕の創作願望の誕生でしょうか。まさかそういった創作活動をこの歳までひっそりとこっそりと続ける事になっていようとは当時の僕は想像もしてないでしょうね。今の僕だってこれいつまでできるのかというかいつまで吐き出し続けることが可能なのだろうかと思います。是非とも冨樫大先生に秘訣を聞きたいですが適度に休む事とかいうトンデモ回答が返ってきそうですね。

 

それくらい、僕の人生に大きな石を投げ込んだこの作品、これからもずっと追いかけるんだろうなぁとアイスココアを飲みながら思う午後の5時です。