ダメ学生のダメじゃないかもしれない毎日

日々の楽しいことだったりいろんなことを記事にするよ!!

ジレンマ

 

 

文が説教くさい。僕のブログを読んだとある友人に言われてしまった。これは僕のすごく悪い癖だ。今も多分無意識のうちにそういう文章を書いてしまっていると思う。僕は昔から文章を書くことが好きで、それなりに書いてきたつもりだが大抵の文章はこのブログの文調のような説教くさいものになってしまうのだ。

 

僕はよくAppBank様の記事を読ませていただいているのだが、僕の文章の憧れはああいった文章だ。僕の今書いている文章とは正反対の性格で、親しみやすく、とても身近に感じるものだ。以前、AppBankの現取締役でもあるマックスむらいこと、村井智建さんの講演をYoutubeで見たことがあるのだが、目指しているところはレビューサイト界における江頭2:50分のような立ち位置らしい。

 

そういう風にみんなに読んでもらいやすい文章を書こうと僕も意識しているのだがなかなかそれがうまくいかない。なんでだろう、やはり未だに書くことに対してなにか身構えてしまっているものがあるのかもしれない。それに今までのスタイルを今になって帰るのも違うよな、とも思う。けどやっぱり書いたとしてもそれが読んでもらいにくいものだったらあまり意味がないよな、とも思う。なんたるジレンマ。なんとかこのブログを続けられているうちになにか正解が見つかるといいな、と思いながらまたもや説教くさい文章を書いてしまっている自分に呆れる。