読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメ学生のダメじゃないかもしれない毎日

日々の楽しいことだったりいろんなことを記事にするよ!!

世界系男子になりたい。

 

海外に憧れています。いや、行ったことはあるのですが、だからこそ憧れが余計に強くなりました。こういう事を言うと意識が高いとか揶揄される世の中になってしまったのが悲しいです。低いより高い方がいいじゃないですか意識なんて。

 

とにもかくにも。海外が好きです。いや、旅行が好きなのかもしれません僕の場合は。出かけるのが好きでその究極が海外なのです。でも実は偉そうに言っておりますが別に海外経験が豊富なわけではございません。しかし少ないからこそ海外での刺激は僕にとって実に衝撃的で深く心に刻み込まれるものになりました。

 

まず海外旅行の何がいいってみなさん、国内の空港から旅は始まっているのですよもちろん。テンションが上がらないわけがない。あの空港の雰囲気。いけません、思い出して興奮して文章がスタッカート気味になってしまいました。何がいいって非日常感がたまらないんです。身体検査、持ち物検査なんでもこいです。ああいう普段味わえないものをどんな小さいものでも楽しむ。それが醍醐味です。

 

観光旅行程度では言葉の壁なんてものはないです。身振り手振りでなんだって通じます。それに2日も滞在してれば勝手に耳が慣れてくれて何を言っているのかわかるようになります。人間なんでも慣れです。そうすれば海外では必要不可欠な自己主張だってなんの苦もなくできるようになりますから。

 

ただし!言葉以上に大きな壁が実はあるんです。食事です。ごはんです。飯です。大事な事なのでなんども言います。ごはんです。これは非常に強敵です。油断するとすぐにおみまいされてしまいます。アメリカに行った時は2日目の昼にはもう私はやられていました。まああれは観光ではなかったので自分で食べるものを選択する機会があまりなかったというのも要因の1つですが。美味しくないわけではないのです。むしろ美味しいのです。肉も魚も野菜もフルーツも美味しいです。ただし量が。物量がとんでもないのです。あれは非常に応えましたね、いくら高校生の時だったからといって今考えてみてもものすごい量でした。ですがそれも今となっては思い出です。食文化の違いを身をもって体験できたのですから、なんたる貴重な経験。素晴らしい。

 

今はもう昔ほど世界は広くありません。行きたい時に行きたい国に行ける時代になりました。この小さくなった世界に飛び出してみてより小さい自分自身の存在を見つめ直してみるのはより大きくなるためのステップとして必要なものではないでしょうか。